「前回の調査で「総理のご意向」の文章が見つからなかった理由は、
1000件もファイルがあったので、
開くのが大変なんで前回は見つからなかった」
などとふざけたことを文部科学省は言った

こんな苦しい言い訳が通じるだろうか!?
また国民をバカにしてるのだろうか

加計学園(かけがくえん)の獣医学部の設立問題で、
安倍総理が文部科学省に命令した証拠である
「総理のご意向」と記載された文書があると
元官僚の前川事務次官は言った。

その後に「総理のご意向」と書かれた文章を文部科学省で探したのだが
「見つからなかった」と答えた。

しかし、今回の再調査ではやっぱり見つかった!

しかも前回の調査で一生懸命探したはずの
パソコンの共有フォルダから文書が見つかった!

前回は「そんな文書があったことは記憶にない」
などと白々しくとぼけていた官僚が
なんと今回の調査では「文書はやっぱりあったw」
などと全く違うことを言っている!

同じ場所を探して何で出てくるんだ!、

どう考えてもおかしい
松野博一文科相や調査した官僚は苦しい言い訳をするだけだ!。

そもそも、たった1000件の文章なんて
1人で見て探しても1日で終わるだろう!

それこそパソコンの検索を使えばすぐに見つかりますよ
最近のエクセルやワードならWindows検索すれば
テキストファイルの内部の文字列も検索できますよね。

パソコンの電子データを
紙の書類のように1つ1つ確認してたら
どんだけ時間かかるんですか!

普通の民間の会社なら
こんな言い訳した奴は無能扱いされて、すぐに左遷されますよ!

昔は「日本の官僚は世界一優秀」などと言ってた人も居ましたが、
安倍政権になってから無能になったと思います。

ctrl+fすら使えないパソコン音痴が優秀なわけないでしょう

ただの寄生虫です
パソコンの文書の検索すらできないのに
国民の血税を絞り上げて年収1000万もらってるんですよ。